カードローンは契約可能だけど借りられないこともある

投稿者: | 2017年10月6日

銀行や消費者金融のカードローンは、与信状況や返済能力に応じて利用限度枠が設定されます。しかし、中には契約可能なものの、利用限度枠がゼロとなってしまい利用出来ないケースもあります。このようなケースは実質的には契約できないのと同じであり、個人信用情報にダメージを与えるだけになります。契約できれば、申し込みブラックとなることが回避できるため、キャッシング契約では無駄かつデメリットにしかなりません。

そこでこのようなリスクを回避するためにはどうしたら良いかというと、利用限度枠が10万円毎に設定されるカードローンの契約を避けることです。このようなカードローンの場合、1万円単位で契約出来るため、審査落ちと判断されるリスクだけでなく、他のローンを新規で申し込む際にも不利にはなり難いと言えます。

ですが、利用限度枠を細かく設定出来るカードローンは少なめとなるため、フリーローンを利用した方が得策とも言えます。貸金業者の中には、申し込み後は会員登録となり、追加借り入れはインターネット上で手続きが可能なものもあります。カードローンの商品スペックで審査落ちしないためにも、申し込み時には多数のカードローンやフリーローンを検討するのがおすすめです。