キャッシングは限度額まで借りないのがコツ

投稿者: | 2017年10月11日

安全にキャッシングを利用するためには、限度額まで借りないようにしましょう。契約時に利用者の返済能力を考慮した限度額が設定され、一般的に多いのは30万円や50万円などです。学生の場合は10万円が多く、他社借入件数が多い人は5万円から始まることもあります。50万円の限度額が設定された場合、実際に借入するのは半分までにしておきましょう。半分を超えてしまっても、最低10万円の枠は残しておく必要があります。枠に余裕がないと本当に困ったときに1円も借りることができなくなります。キャッシングは緊急時に備えるローンのため、枠は多めに残しておくのが好ましいのです。

まったく予測できないタイミングで出費はやってくるもので、例えば立て続けに冠婚葬祭費用が必要になることもありえます。出費が重なるときは本当に短期間に集中するので、キャッシングは限度額の半分までしか借りないと決めておくのがいいでしょう。これには自己管理の意味合いもあり、借りすぎを防ぐためにも役立ちます。借りることに慣れると繰り返し借りてしまい、あっという間に残高を増やすことになるので、必要時以外は借りないように徹底しましょう。利息を節約する方法は複数ありますが、借りないことに勝る節約はないのです。