銀行や消費者金融でお金を借りる際の収入証明書の提出条件

投稿者: | 2019年5月30日

お金を借りないといけないときには必ずといっても必要なのが個人の収入を客観的に表す収入証明書になります。これはほぼ毎回提出を要求されることが多いと思いますが、中には出さなくて良いと言うケースもあります。あと、消費者金融と銀行では結構条件が異なるのです。

消費者金融では、だいたいこの収入証明書が必要で、出さなくても良いケースもありますが、それは数十万円以下など、そこまで多額の借り入れではないケースです。だから、消費者金融によっては、収入証明書なしで利用できるケースもありますが、たくさん借りないといけないときには、やはり必要になると思った方が良いです。

一方、銀行お金を借りる場合には、収入証明書が必要になる境界はもっと高いです。100万円とか、200万円とか、相当高額な借り入れ時のみ必要になるというケースも多く、それ以下の金額では必要ないこともあるので、銀行によっては、普通に高額な金額と思われる場合であっても、収入証明書を用意する手間が省けるので、利用に際しては便利かもしれないですね。

銀行でお金を借りる場合には、日常的な金額の範囲であるならば、ほとんど収入証明書はいらないという状況に等しいかもしれません。