電気料金などの残高不足を防止できるカードローンの機能

投稿者: | 2016年3月31日

カードローンには、支払いの遅れに関するメリットがあります。そのローン商品を活用すると、不測の遅れを回避できる事があるからです。

そもそも人々は、毎月のように料金を支払っていく必要があります。特に公共料金の支払いは、まず間違いなく必要です。

そして多くの方々は、その料金の支払いの為に口座引き落としを活用しています。銀行の口座から自動的に引き落とされるシステムになりますが、時には残高不足が生じてしまう事があるのです。そのリスクは大きいですね。

例えばある時の電気料金の支払い額が、8,000円だとします。ところが銀行口座での残高が6,000円になってしまっていると、いわゆる残高不足になる訳ですね。それで料金の滞納が生じてしまい、電気がストップしてしまう事があります。電気は日常生活では必須なので、それがストップする事だけは避けたいですね。

ところでカードローンには、そのストップに関するメリットがあります。なぜならその商品での契約をしていると、自動融資という機能が働くからです。

上記のような状況になった時には、自動的に2,000円の融資が実行される事になります。それで当面の電気料金の支払いを、解消する事ができるのです。冒頭で申し上げたのは、そのような意味になります。

公共料金の滞納などは、実は後々のクレジットの審査などにも大きく関わってきます。一度でも滞納が発生していると、新規の申し込みが難しくなる傾向があるからです。それを回避できる意味でも、カードローンの自動融資の機能はメリットが大きいでしょう。